-ao- ramune blog

はじめてのSymfony4 + Vue.js

Symfony4のインストール

2018年07月01日
「はじめてのSymfony4 + Vue.js」チュートリアル対象バージョン

Composerのインストール

Symfony4のプロジェクト作成はComposerで行います。 適当なディレクトリ上で、本家ドキュメントを参考にcomposer.pharをダウンロードします。

コンソールコマンド
                
                    php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
                    php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === 'a5c698ffe4b8e849a443b120cd5ba38043260d5c4023dbf93e1558871f1f07f58274fc6f4c93bcfd858c6bd0775cd8d1') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
                    php composer-setup.php
                    php -r "unlink('composer-setup.php');"
                
            

上記phpコマンドをすべて叩くとcomposer.pharが作成されます。

コンソールコマンド
                
                    ls -alF
                    -rwxr-xr-x  1 unio unio 1849094  7月  1 13:26 composer.phar*
                
            

2つ目のコマンドで失敗した場合は、Composerのバージョンが新しくなっている可能性があるので、 本家ドキュメント を参照して再度ダウンロードを行ってください。

Symfony4のプロジェクト作成

composer.pharの create-project コマンドでSymfonyプロジェクトを作成します。

コンソールコマンド
                
                    php composer.phar create-project symfony/website-skeleton tutorial-sf4vue
                
            
create-projectコマンドでエラーが出る場合

必要なphpライブラリがインストールされていない可能性があります。 各OSのパッケージマネージャ経由でライブラリをインストールしてください。 下記は ext-xml パッケージをインストールするコマンド例です。

コンソールコマンド
                    
                        sudo apt install -y php7.2-xml
                    
                

create-projectで tutorial-sf4vue ディレクトリが作成されたので、cdコマンドで移動します。

コンソールコマンド
                
                    cd tutorial-sf4vue
                
            

tutorial-sf4vueディレクトリの中身はこのようになっています(Symfony 4.1.1の場合)

コンソールコマンド
                
                    ls -alF
                    drwxr-xr-x 13 unio unio   4096  7月  1 13:39 ./
                    drwxr-xr-x  9 unio unio   4096  7月  1 13:39 ../
                    -rw-r--r--  1 unio unio   1231  7月  1 13:38 .env
                    -rw-r--r--  1 unio unio   1231  7月  1 13:38 .env.dist
                    -rw-r--r--  1 unio unio    416  7月  1 13:38 .gitignore
                    drwxr-xr-x  2 unio unio   4096  7月  1 13:38 assets/
                    drwxr-xr-x  2 unio unio   4096  7月  1 13:38 bin/
                    -rw-r--r--  1 unio unio   2033  7月  1 13:38 composer.json
                    -rw-r--r--  1 unio unio 208006  7月  1 13:38 composer.lock
                    drwxr-xr-x  4 unio unio   4096  7月  1 13:38 config/
                    -rw-r--r--  1 unio unio    302  7月  1 13:38 package.json
                    -rw-r--r--  1 unio unio   1116  7月  1 13:38 phpunit.xml.dist
                    drwxr-xr-x  2 unio unio   4096  7月  1 13:38 public/
                    drwxr-xr-x  6 unio unio   4096  7月  1 13:38 src/
                    -rw-r--r--  1 unio unio   9881  7月  1 13:38 symfony.lock
                    drwxr-xr-x  2 unio unio   4096  7月  1 13:38 templates/
                    drwxr-xr-x  2 unio unio   4096  7月  1 13:38 tests/
                    drwxr-xr-x  2 unio unio   4096  7月  1 13:38 translations/
                    drwxrwxrwx  4 unio unio   4096  7月  1 13:38 var/
                    drwxr-xr-x 20 unio unio   4096  7月  1 13:38 vendor/
                    -rw-r--r--  1 unio unio    852  7月  1 13:38 webpack.config.js
                
            
Composerのグローバル登録

Composerは 公式サイト の方法でグローバルなコマンドにできます。

コンソールコマンド
                    
                        sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer
                    
                

本番環境など、グローバル管理だと不都合なケースもあるため、自分はMakefileと組み合わせてcomposer.pharを利用しています。

Makefile
                    
                        composer.phar:
                            php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
                            php -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === 'a5c698ffe4b8e849a443b120cd5ba38043260d5c4023dbf93e1558871f1f07f58274fc6f4c93bcfd858c6bd0775cd8d1') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
                            php composer-setup.php
                            php -r "unlink('composer-setup.php');"

                        composer-update: composer.phar
                            php composer.phar update
                    
                

Welcomeページの表示

tutorial-sf4vueフォルダ内でビルトインウェブサーバを起動します。

コンソールコマンド
                
                    php -S localhost:8000 -t public
                    PHP 7.2.5-0ubuntu0.18.04.1 Development Server started at Sun Jul  1 16:30:55 2018
                    Listening on http://localhost:8000
                    Document root is /home/unio/workspace/tutorial-sf4vue/public
                    Press Ctrl-C to quit.
                
            

http://localhost:8000/ にアクセスすると、Welcomeページが表示されます。

Welcomeページを確認できたら、次はVue.jsのセットアップを行います。

プロフィール画像 なかのひと:unio

プロフィール

数十年前の牧歌的なインターネッツが好きだった、永遠のモラトリアム人。 ただ、モラトリアムしててもお金は増えないので、しゃかいの厳しさを斜め後ろから眺めつつほそぼそと生活しています。

GitHub Twitter
[広告]